こんにちは!

今や、時の人、天才編集者 箕輪厚介さんを、知っている方がとても増えているかと思います。

今回は、箕輪厚介さんの成功パターンを分析することが、複業ワーカーにとっては良い模範事例になりますので、

ご紹介をさせていただければと考えました。

箕輪厚介さんとは

(みのわこうすけ) 幻冬舎・編集者

2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として四年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼 創刊。2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹/『逆転の仕事論』堀江貴文/『空気を読んではいけない』青木真也 2015年7月に幻冬舎に入社。 東洋経済オンライン、アドタイでコラム。オンラインサロン運営、堀江貴文大学校で特任教授など。

「多動力」堀江貴文・「ネオヒルズジャパン」与沢翼・「悪意とこだわりの演出術」藤井健太郎の3冊でアマゾン総合ランキング1位を獲得。 他に「日本3.0」佐々木紀彦、「空気を読んではいけない」青木真也、「まだ東京で消耗してるの?」イケダハヤト、「新企画」鈴木おさむなど。堀江サロン教授、渋谷のラジオ、ニューズピックスブック創刊。

2017年10月合同会社波の上商店を設立。

2018年1月末に設立する株式会社CAMPFIREと株式会社幻冬舎の共同出資会社、株式会社エクソダス取締役に就任。

箕輪厚介さんが複業ワーカーの模範事例である理由1:会社員としてのブランドを最大限に使う

箕輪厚介さんのすごいところは、現役の幻冬社の編集の仕事をする会社員であり、その「幻冬社の編集者」というブランドを上手に最大限使って、
会社員としての仕事とは別に、どんどん新しい仕事とビジネスを生み出し、成功をした方です。

複業ワーカーとして、まず、学ぶべきことは、

会社員として、勤めている会社で、最大限実績と経験を積むことです。

そして、会社員としての実績とブランドを、フリーランスで上手に活躍できると、効率的に仕事を確保することができます。

つまり、まずは、会社員としての生活に腐らずに、どうしたら、自分のブランド力を高められるかを考えるべきです。

複業ワーカーとして、仕事を取りに行く時、必ず聞かれることは、

「あなたには、どんなスキルと実績と経験がありますか?」

これです。

この時に、ブランド力がある会社で、人に言える実績を身につけて置くことが出来ると、

複業ワーカーとしてもやはり仕事を取りやすいです。

ですので、会社にブランド力がないと思ったら、積極的に転職をして、ブランド力をつけて置くことは重要です。

もちろん、最終的に重要なのは、「スキルと実績と人間力」になるわけですが、会社員が使える最大の武器は、

会社の看板です。つまり、会社がもつブランドです。これを最大限利用して、複業を一気に成功させた箕輪さんの

やり方は、学ぶべきかと思います。複業をOKしている、ヤフー、LINEなどに転職して、ヤフーやLINEの知名度を使って、

複業ワーカーとしての実績を積むなども、私はありだと思います。

箕輪厚介さんが複業ワーカーの模範事例である理由2:スキルの幅が広範囲

箕輪厚介さんが、天才と呼ばれた理由の1つには、「本の売り方」のプロデュースまで出来るという点があります。

ほとんどの編集者は、本の編集しかしません。

良い本を作ろうと、もちろん、努力はするわけですが、

本もビジネスである以上、売れて、多くの人に読んでもらえないと意味がありません。

つまり、売れる本を作るのは、編集者としては重要スキルです。

このとき、本を売るために、出版社がやる努力は、本屋さんに挨拶周りして、良い売り場を確保するぐらいしかやりません。

しかし、箕輪さんは、SNSの拡散力をフル活用したり、販売前の原稿を著者の許可の同意の元に一部のユーザーに読ませて、

販売当日には、大量のレビューがWEB上に広がっている状況を作ったり、本が販売される前に、大盛り上がりしているお祭り状況を

プロデュースする能力を持っています。

ですので、販売前に大盛り上がりして、みんなが販売を待ち焦がれて、やっと販売!となるから、販売当日にバカ売れするわけです。

これは、マーケティング手法としては、プロダクトローンチの手法に近いのですが、とにかく既存の販売方法に囚われれず、新しい手法やスキルを

どんどん取り入れるセンスがあります。

スキルと能力の幅が広いと、複業ワーカーは、大きな仕事が出来ます。

例えば、ライティングしか出来ません。だと、ライティング出来る人はたくさんいるので、価格競争に巻き込まれます。

しかし、ライティングは当たり前。WEBサイトの編集も出来るし、WEBサイトにアクセスを集めるためのSEOライティングも出来るし、

1万人フォロワーを個人的に持っているので、ライティングした後に、SNSでサイトを情報を拡散しておきますよ。

と言ってくれる、ライターの方がいたらどうでしょうか?

その人に、仕事をお願いしたくなりませんか?

記事を書くだけではなく、拡散し売るためのプロデュースまでしてくれるライターの方がいたら、人気ライターになるのは間違い無いでしょう。

箕輪厚介さんが複業ワーカーの模範事例である理由3:多動力の持ち主

複業ワーカーは、複数の企業の仕事を同時にこなすエネルギーと器用さと人間力が求められます。

当たり前ですが、週2日で30万円の仕事を取るなら、

週2日で、週5日働く正社員と同等以上のパフォーマンスを出さないと、自分に価値は無いのです。

となると、複数のことを同時にパワフルに動かす、多動力が必要になります。

そして、多動力とは何かというと、ホリエモンが著書で語っておりますが、全ては好奇心をもち興味を持ったことに、どんどんはまっていく能力です。

基本的に、仕事で成果を出すためには、「熱量」が必要です。

熱量を持って取り組むから、結果が出ます。

それを、週2日の仕事で結果を出すのであれば、

自分が取り組む仕事を、しっかりと興味や関心や情熱もてる分野に絞り、圧倒的な熱量で、週2日、集中して取り組む必要があります。

そうすることで、なんとなく週5日働く会社員の方以上のパフォーマンスを週2日で出すことが出来ます。

複数の仕事をこなすのであれば、しっかりと自分の専門性、興味関心が高い分野、活躍出来るスキルを見出し、

高い熱量で、どんどん新しいことに取り組むエネルギーが大事ですね。

もちろんそれが出来ないと、複業ワーカーになれない。ということでは無いですが、

これが出来た方が大きな結果を生み出しやすいのは、間違い無いでしょう。

まとめ

以上、箕輪さんの分析でしたが、いかがでしたでしょうか?

成功した方、有名になった方が、なぜそうなったのか?

というのを学ぶのは、とても大事なことです。

そして、箕輪さんは、まだ現役の会社員です。

この事実を理解すれば、誰もが、やり方と努力次第でチャンスがあるということを

ご理解いただけるかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で