こんにちは!

独立する方にとっての不安の1つには、「お金周りの管理」という面がつきまとうかと思います。

特に独立しよう・起業しようという方は、経理の仕事ではなく、

営業、エンジニア、マーケッター、デザイナーという方が多いので、

このあたりの知識がない。。。

という方が多いかと思います。

会計処理、確定申告、税金計算

このあたりではないでしょうか?

そこで、個人事業主、小規模法人に絶大な人気を誇る、クラウド会計ソフト freeeをご紹介することで、

みなさんが思うほど、大変じゃないし、簡単な時代になっているということをご説明したいと思います。

また、数ある会計ソフトの中でも、現在、freeeの性能は圧倒的です。純粋におすすめ出来ますので、

ぜひ参考にしてください。

→クラウド会計ソフトfreeeはこちら

1、銀行・クレジットカードと自動連携!記帳がほとんど不要

まず、多くの方にとって不安なのが、自分がなんのためにお金を使い、銀行口座にどれほどの収入が振り込まれたか?

などの、事業に使ったお金を整理し、記帳する作業ではないでしょうか?

それが、freeeの場合は、ほとんど不要です。

何故ならば、銀行のインターネットバンキングサービスと、クレジットカードのインターネット明細と自動連携し、

全てデータを自動で取り込んでくれます。

例えば、事業に使う銀行口座を1つ用意します。また事業専用で使うクレジットカードを用意します。

そして、報酬を振り込んでもらうのも、逆に支出として振り込みをするときも、全て用意した銀行を使います。

そうすれば、どこから収入をもらって、自分がなんの振り込みをしたかをfreeeが全て自動で取り込みます。

さらに、事業に関わる、経費の支払はすベてクレジットカードと決めて置けば、クレジットカードに残る支払い明細も
全て、freeeが取り込んでくれるので、

「記帳をする」という作業がなくなるのです。

そして、常に自分の経済状況を把握することが、freeeでわかるようになります。

これは、起業・独立する人にとっては、とても大事なことです。

また、レシートなどをスマホのカメラで取り込むアプリなども用意してくれているので、使った経費の領収書やレシートは、
毎月スマホでパシャパシャとるだけで、保管が完了し、さらに何の支払い金額の読み取りまでも可能です。

つまり、freeeがあれば、経理の人を雇ったのと、同等のパフォーマンスを発揮します。

動画を見ていただくと、よりイメージが出来るかと思います↓↓

freeeの公式の動画1:インターネットバンキング・クレジットカードと同期し、記帳が不要

freeeの公式動画2:領収書の管理

2、使ったお金の勘定科目を自動で予測するAI機能

銀行・クレジットカードの情報から、どこの会社から何のお金をもらって、自分は誰に振り込みをしたか?

という情報は、全て自動取り込みしてくれますが、記帳にあとつきまっとってくるのは、

それは、何の科目の支払いか?

ということです。

交際費?会議費?通信費?広告費?など、いろんな科目が存在するわけですが、

実は、freeeには、その科目を自動で予測してくれる、AI機能があり、

勝手に、ある程度の予測をしてくれるので、多少の修正をするだけで済みます。

また、使うほどに、予測精度が上がりますので、ほとんど労力いらずになります。

3、いつでも相談可能

さらに、freeeにはいつでもチャットで相談という機能があります。

これにより、わからないことがあれば、即座に問題を解決することができる。

これは、素晴らしい機能ですね。

4、確定申告サポート

さらに、freeeで会計処理をしていれば、あとは、確定申告の時は、そのデータをつなぎこみ出来ますので、
確定申告も楽々ですね。

これで、独立する方の経理周りの不安はほぼ払拭されます!

4、気になる値段

無料のプランからスタートが出来て、

個人事業主は、年間9800円
法人は、年間19800円

はい。めちゃくちゃ安いです。

もう、よって、freeeは、会計ソフト業界で圧倒的な支持率とシェアを取ることに成功しているわけですね。

これで、独立する方の経理周りは怖いことはありません。

5、まとめ

会社員経験がある方は、

毎月、交通費や会議費の清算、勤務時間の清算をするために、会社で作業をする時間が毎月1〜2時間あるかと思いますが、

それと、ほぼ同じ時間で、経理周りの作業は完了します。

独立する方は、ぜひ活用してみてください。

そして、経理面にビビることなく、ぜひ、どんどんフリーランスになって行きましょう!

どんどん便利な世の中になっております!

→クラウド会計ソフトfreeeはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で