複業・フリーランスをしていると色々な会社や人と連絡をとるようになり、
会社や人によって使っているツールが異なるために、多数のツール、
もしくは同じツールでもアカウントの異なるものを使っていることがあると思います。

SlackやChatwork、Skype、Messengerなどのツールを
毎回ブラウザで開いてタブを切り替えて確認するというのは、とても面倒な作業です。

とくに同じツールでアカウントが異なる場合は、
ブラウザを行き来しないといけないので、どこで何を開いたかが分からなくなってきます。

ツールを開いたり、探したりしている作業が積もっていくと相当な時間を使っていることになります。

そういった複数のツールを使う煩わしさを解消してくれる素敵なツール「Franz」を紹介します。

Franzとは

Franzを使うと、Slack、ChatWork、Facebook Messenger、TwitterのDMなどのメッセンジャーアプリや、
その他ツール(GithubやTrelloなど)を、1つのアプリで管理できるようになります。

ポピュラーなものだと、以下のサービスが管理できます。

OSは、Windows、Mac、Linuxにそれぞれ対応しています。

海外のサービスは便利だけど、英語表示っていう事が多いのですが、
こちらは日本語対応しているので、操作に困ることがありません。

Franzの便利なところは、同じツールであっても複数のアカウントを登録できる点です。

たとえば、社内とプライベートでアカウントを分けている場合なども、
アカウントごとにツールを登録することができます。

Gmailとかだと複数持っていたりすることがあるかと思いますが、
アカウントごとに分けて登録できるので、ブラウザを行ったり来たりしなくて済みます。

登録したサービス名にはそのままサービス名を、
複数アカウントを持ってるサービスはアカウントが見分けられる名前にしておくと分かりやすいです。

私自身Gmailをいくつも持っていたので、ブラウザを切り替えたりするのがとても大変でした。

これで一括管理できるようになったので、非常に生産性が上がりました。

現在「ChatWork」「Slack」「Messenger」「Gmail×4」「Google calendar」という感じで使っています。

たまに「LINE」とかでもやりとりがあるので、対応してもらいたいのですが、まだ対応していないです。

申請することもできるみたいで、何回か申請を送っていますがまだ追加されていません…。

気長に待つことにします。

ある程度のツールはFranzで一括でまとめれるので、非常に便利です。

生産性を上げるためにも使ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で