今の20~30代の方々は、年金がもらえないのではないか?

と多くの方が不安視をしておりますが、実際どの程度もらえる想定となっているのでしょうか?

年金不安から現在、副業や複業、またはフリーランスや起業にて収入を増やそうという人が増えております。

ただ、闇雲に働いても仕方ないので、改めて、しっかりとした知識を持っていただくべく、

今回は、30年後の平均の年金支給額についてまとめております。

また、それが世代別の格差としてみたときにどの程度広がっているのか?

まとめさせて頂きます。

約30年後の平均の年金支給額

これは専門家が、テレビで報道した金額になります。

2043年(27年後)には、世帯で見る年金支給額は、

平均約月17万6,100円(夫婦)になるそうです。

現在よりも20%減だそうですが、思ったよりもらえる。。。
という印象を抱きますね。

ただ、これはあくまで厚生年金加入者を想定しております。

現在の平均の年金支給額

現在は、世帯で見る年金支給額は、

平均、約月21万8300円になるそうです。

内訳で見ると、

国民年金(夫婦合わせて) 月12.8万円
厚生年金 月9万円
合計21.8万円

とってなっているようです。

つまり私たちと今の年金支給を受けている人たちとの

支給額の差は、約4万円ですね。

こう見ると、ギリギリなんとかなりそうな気もします。

今の年金支給者と今の20~30代の人に起きる将来の収入格差

仮に年金支給開始の65歳から、仮に30年生きた場合、

30年×12ヶ月×約4万円= 約1440万円です。

そして、今の60~80代の方は、
退職金が存在している方が多いです。

ちなみに、定年退職の平均退職金相場は、

約1139万円になるそうです。

残念ながら、今の20~30代のほとんどの方はもらえないでしょう。

この退職金が、今の60~80代の方には、存在したとすると、

我々20~30代の人が親以上の世代の人比べたときに、背負っているハンディキャップは、、、、

約1139万円+約1440万円=約2579万円

となります。

2579万円のハンディキャップを背負って生きるのは、なかなか大きいですね。。。

そして、今の60代の方の定年退職時の一般的な貯蓄額は、

なんと、約1664万円です。

こう考えると、今の60~80代の人たちと同等以上の老後を生きるには、

最低でも、2579万円+1664万円= 4243万円

は貯蓄しないといけないことになります。。。

これはなかなかえげつない格差ですね。笑

今の20~30代の人が月に貯蓄するべき最低の目安金額

そうなると、やはり、国や会社に依存して生きても、

老後は、今の60~80代の世代のように生きることは出来ません。

相当貧乏になる覚悟が必要ですね。

4243万円を30年間で貯蓄する場合、

1年平均141万円の貯蓄が必要です。

つまり、30歳~60歳の間、

月11,7万円ほどは最低の貯金をしなくてはいけません。

なかなかハードですね。

そうなると、やはり、副業・複業で月に10万円は最低稼いで、

貯蓄に10万円回すぐらいしないと、まともな生活は出来ないでしょう。

もちろん、これは、投資を抜きに貯蓄だけで考えた場合なので、

投資を活用して、月の貯蓄額を減らすという選択肢もあります。

ただ、そのためには、投資に関しても、早いうちにしっかりと学ぶべきだと思います。

20~30代を適当に過ごすと、40代以降には手遅れの状況になるかもしれません。

ウィズパラでは、複業支援ということで、スキルを持つ個人を応援しております。

各業種ごとに一般的な業務委託の仲介会社よりも圧倒的に、仲介手数料を減らして、単価が高い利益率が高い仕事をご紹介しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で