こんにちは!

現在は、「個人の時代」という言葉が流行っている通り、どんどん独立をしていく方が増えております。

ただし、残念ながら、フリーランスの方の平均年収は、まだ一部を除いて、高いとは残念ながら言えません。

そこで、フリーランスの方が高い年収を獲得するために、どのようなセルフブランディングを仕掛けるべきか?

今回は、その1つをお話します。

まず、結論から言うと、

その職種の中で、10000人に1人の人材になるべきです。

例えば、 ライター で 話しをしましょう!

「仕事は、ライターです!」 と言ってしまうと、ライターは、たくさんいるので、埋もれてしまうわけです。

ただ、もし、

フォロワーが10000人いるライターです。

だったら、どうでしょうか?

きっと、ライターの中でも、かなり少数の希少価値があるライターです。

どちらに仕事の依頼が入るかというと、もちろん後者です。

また、仕事の単価も、一桁違うのは、間違いないでしょう。

つまり、希少価値がある人材になれということです。

フォロワー以外にも、希少価値を上げる方法は、たくさんあります。

希少価値を上げる方法1:スキルの組み合わせ

ライター だけだと、価値が少ないですが、

もし、海外の記事を翻訳して、記事にまとめられる、「英語」というスキルがあるライターならどうでしょう。

英語というスキルにより、きっと英語は、現在10~20人に1人話せる。というレベルかと思いますので、

あなたの価値を、高めてくれるでしょう。

そして、さらに英語だけでなく、「SEO対策を熟知している」というスキルがあったらどうでしょうか?

SEO対策をしっかりと理解しているライターは、10人に1人ぐらいでしょうか?

さらに、ワードプレスを自由に扱えるスキルがあったらどうでしょうか?

これも10人に1人の技能かもしれません。

あとは、コピーライティングに長けていたら?

などなどスキルを掛け合わせていくと、

英語             
SEO            
ワードプレス  
コピーライティング

どれも10人に1人のスキルなら、

1/10 × 1/10 × 1/10 × 1/10 =1/10000

になりますね。

そうなると、外国人向けの、セールスレターの仕事を、ワードプレスでWEBサイトに直接書き込む

仕事をとってくることが出来ます。

通常のライターとしての、お仕事のきっと10倍以上の値段で仕事が出来るでしょう。

つまり、スキルを組み合わせて希少価値をつけるのはとても良い方法です。

希少価値を上げる方法2:特別な実績を作る

例えば、ライティングの世界なら、

・自分のセールスライティングの文章から、500万円の売上を叩き出した

・自分の書いたライティング文章が、過去に20個、Googleの検索で1位になった

・自分の書いた記事と投稿が、バズを生んで、5000リツイートされました。

など、特別な実績があれば、あなたをすぐに10,000人に1人の人材にしてくれます。

希少価値を上げる方法3:フォロワーを増やす

冒頭で書いた通り、フォロワーを増やすのは、わかりやすく希少価値を高める一つの手段です。

現在の時代は、「影響力」を持つことは大事です。

「影響力」がある人には、言うまでもなく価値があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

とにかく、スキルを磨き増やす努力、実績を作る努力、影響力をつける努力

この3つを行う人が高年収を維持出来ます。

フリーランスになった人は、必ず意識して行きましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で